動くと痛いぎっくり腰でお悩みの方へ

こんな症状でお悩みではないですか?

  • 今朝から突然の激痛で歩くことができない。
  • かがんで物を拾うとした時、腰が痛くなって真直ぐ立てない。
  • 重いものを持ち上げたとき「グキッ」となって痛み出した。
  • 身体を急に捻ったらグギッと鋭い痛みが走った。
  • 椅子から立ち上がろうとしたら急に腰が痛くなった。
  • 腰が「ピキっ」となった後、どんどん痛みが増してきた。
  • 横になっていても痛いが、寝返りは、なお更しんどい。

ぎっくり腰はなぜ起こる?

ぎっくり腰とは、何かをきっかけに急に腰周辺が激痛に見舞われる状態で、病院の診断では「急性腰椎捻挫」といい、背骨や骨盤、腰周辺の筋肉、筋膜、じん帯などが損傷し炎症が起こっている状態です。

【一般的な原因として】
不用意に捻った動作や、かがんで重いものを持ったり、朝の洗顔やお掃除で前傾姿勢をとっていたりすると起こりやすく、デスクワークなどの長時間の同じ姿勢、反復動作が続く作業なども腰に負担を与え血行不良を起こし、そして筋肉やじん帯を痛め、ぎっくり腰が発症する元になります。

電気やマッサージなどは、その場をしのぐための「対処療法」で痛みのある部位を直接処置をすると悪化する場合がありますから注意が必要です。ぎっくり腰の根本的な原因を整えない限りは改善は見込めません!

まだ間に合います!

体の不調はもう治らないと諦めていませんか?

繰り返す体の不調の原因は、体と心のバランスが崩れている状態です。

当院では体全体のゆがみを整え、心の不安を取り除く事で、根本から改善します。

私は、「生涯、心も体も不調を気にせず、安心で豊かな人生」をサポートする為に体と心のケアをしています。
薬物療法で症状が治らない方、慢性的な痛みや疲労でお困りの方は、ぜひ一度ご来院ください!一緒に人生を歩みましょう。