突然訪れる発作にお悩みの方へ

こんな症状でお悩みではないですか?

  • 最近は、発作が心配で気軽に出かける気になれない
  • ある時突然、動悸や呼吸困難におそわれるのが辛い
  • 胸の辺りが息苦しくてのどに異物感がある
  • 混んでいる電車に乗ると発作が出るか不安になる
  • 発作が起きそうで美容院に行くのをためらってしまう
  • 夏になると決まって過呼吸の発作が出るので悩んでいる

パニック障害とは?

パニック障害は不安障害の中に含まれる症状です。
何の前触れもなく突然に、強い不安に襲われ急に心臓がバクバクしたり、クラクラめまいがしたり、胸が苦しく呼吸困難などの症状が現れます。

この症状が強く現れる方の中には「死」を感じてしまうほどの恐怖や絶望感で心身に相当の負担がかかることもあります。 場合によっては何度も繰り返すこともあり生活に支障が出やすくなります。。

またパニック発作は3つに分類することがあります。

パニック発作
突然起こる不安に伴って、自律神経の働きが低下して、動悸、息切れや呼吸困難、 胸の痛み、吐き気、発汗、めまい、悪寒などの体の症状を伴います。

予期不安
パニック発作を何度も体験してしまうと、また発作が起きるのかと不安に陥てしまい、 外出するのもためらうようになり生活に支障が出ることがあります。

広場恐怖
発作が起きた時に自分ではどうにも対応できず、人にも助けてもらえない状況や場所を避けてしまうこと。
例えば人混みや電車やバス、エレベーター、歯医者など閉塞感を感じる場所。

パニック障害の原因

発作が起こる原因は西洋医学ではまだ解明がされていません。

一般的には発作が発生する要因は、体の機能的に脳の働きが関係があります。
人間には、喜びや怒りや悲しみなどなど様々な感情がありますが 脳はその時に合わせたホルモンが分泌されています。
脳の働きが低下して自律神経の反応も悪くなるとホルモンの分泌が乱れて症状が起こることが考えられます。

ストレスも要因の一つで、例えば小さい頃から受けていたストレスや人間関係や仕事などストレスの種類は様々ですが過去に耐え難い経験や恐怖感が 元になり無意識にそのストレスが頭の片隅にあり何かのきっかけで脳を刺激し症状が現れることが考えられます。

病院での対処法は?

一般的な対処法は、抗不安薬等による薬物療法になります。

症状の軽い方であれば良くなることもありますが、薬物療法はあくまでも症状を抑える効果があるだけで根本的な解決になっていかないのが現状です。

まだ間に合います!

体の不調はもう治らないと諦めていませんか?

繰り返す体の不調の原因は、体と心のバランスが崩れている状態です。

当院では体全体のゆがみを整え、心の不安を取り除く事で、根本から改善します。

私は、「生涯、心も体も不調を気にせず、安心で豊かな人生」をサポートする為に体と心のケアをしています。
薬物療法で症状が治らない方、慢性的な痛みや疲労でお困りの方は、ぜひ一度ご来院ください!一緒に人生を歩みましょう。