腰痛に繋がるその乗り方危険ですよ!!

2014年11月24日

埼玉県川口市の頭痛、肩こり、腰痛専門のわらびカイロプラクティックセンターの秋葉です。

当院のHPをご覧頂きありがとうございます。

ここでは、少しでも健康のお役に立てる、腰痛対策に関する耳寄りな情報を
お届けしたいと思います。

 

いつも私は、電車を利用して通勤していますが、
朝、ホームで電車を待っている時の話。

あなたは、もし混んでいる電車に、前の人を
押しながら乗らなければいけない状況の時、
どうやって乗りますか?

聞かれてもその状況にならないと分かりませんよね。

先日、いつも乗る電車が、遅れて到着。遅れた時は
大抵混んでいて押さないと乗れない状況です。

ホームで待っている時、私の二人前に立っている
30代のサラリーマンの方。腰を痛そうにさすって
立って待っていました。

サラリーマンの方は時間に余裕がなかったのか
次の電車を待たずに混んでる電車に挑みました。
(私は次の電車にしたのでホームで状況を見て
いました。)

その時の乗り方ですが、前の人に対して正面を
向いて、少し伸ばした手で前の人を押して乗ろうと
していました。

この押し方は結構危険です。
腰を痛める可能性があります。

腰痛にならない乗り方があります。それは

まずは足元。真横に開かず、少し斜になります。
次に腰を入れる状態を作る。これは前に出た足の
付け根をちょっと曲げた状態です。
それから背中を伸ばして、腕は脇をしめる。
これで体勢は整いました。

押す場合は、手だけで押さず、体全体で
押すようにします。手だけで押すと相手は
力んで、こっちも余計に力を入れること
なりますから、
首、肩、腰を痛める原因になります。

足の開きや、腰の位置を少し変えるだけでも
体をケアすることができます。

当院では、体の使い方もお話しています。

体の使い方で気になることがあれば
ぜひご利用ください。

自分の体は、一生のお付き合いです!!
自分の体をいたわってあげましょう!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加